前へ
次へ

平安時代のお酒は甘すぎる?

私の実家は、かなりの低所得世帯なのですが、なぜだか山と畑をいくつか所有しています。なんでも先祖代々なのだそうですが、母曰く、もっと古くから実家周辺の土地に住んでいる人は、もっともっと持っている、なのだそうで。が、その山も畑も、何を育てるでもなく不動産を所有しているだけなので、固定資産税をとられるばかりで、正直持て余しているのが現状。では、この山、いっそのこと売ってしまいたいと思った場合、どこに相談したらいいのでしょう。世田谷区の不動産屋でしょうか。それとも山の売買の専門家がいるのでしょうか。ということで少し調べてみました。結論としては世田谷区の不動産屋さんが一番適任なのですが、買主として、樹木があれば二酸化炭素排出権の関係で企業が買い取ってくれる可能性があるのだそう。樹木のある山を持っている方は、企業への売却を検討するのもいいかもしれないですね。

top用置換

top用置換2
Page Top